【憲法第25条】とても大切→国民年金法の根拠へ繋がる

(日本国憲法)
第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
② 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
いわゆる生活保護を受ける権利のことです。もし生活に困窮したら、生活保護を役所に申請することは、当たり前のハナシです。ためらう理由はありません。またいつか、働けるようになったら、通常の就労活動で生活収入を得ればいいのですから。これは、日本に住む全ての国民の権利です。
これに紐づいて、国民年金法の理念のハナシに繋がります。
(国民年金制度の目的)
第一条 国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。
(国民年金の給付)
第二条 国民年金は、前条の目的を達成するため、国民の老齢、障害又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。