民法95条【錯誤】取り消すことができる→どうやって??

(錯誤)
第九十五条 意思表示は、次に掲げる錯誤に基づくものであって、その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして重要なものであるときは、取り消すことができる。

一 意思表示に対応する意思を欠く錯誤
二 表意者が法律行為の基礎とした事情についてのその認識が真実に反する錯誤
 2 前項第二号の規定による意思表示の取消しは、その事情が法律行為の基礎とされていることが表示されていたときに限り、することができる。
 3 錯誤が表意者の重大な過失によるものであった場合には、次に掲げる場合を除き、第一項の規定による意思表示の取消しをすることができない。
一 相手方が表意者に錯誤があることを知り、又は重大な過失によって知らなかったとき。
二 相手方が表意者と同一の錯誤に陥っていたとき。
 4 第一項の規定による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない
 民法改正後の錯誤の規定(95条)は、錯誤は取り消すことができると改められました。錯誤を取り消すことができるとは、一体なんだよっ??って正直思いました。結局、取り消した後は、「民事」での損害賠償請求で金銭で解決するってことだろうなって思いました。亡き祖父が生前契約していた「身に覚えのないサプリメント」を全部解約したのですが、祖父の口から聞いたことのないサプリメントや植木の商品を結構見つけました。すべて根こそぎ電話で解約して、祖父の個人情報抹消を請求したのですが、祖父の身に覚えのない契約は無効です。しかし、払ってしまった料金を錯誤により取り消すことができたとしても、「民事」で、損害賠償請求でお金を取り戻すしかないのでは・・・もしくは、下記の不当利得による返還請求による方法しかありません。いずれも、先の長い話で無理だなぁと思い、普通に穏便に解約しました。
(不当利得の返還義務)
第七百三条 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。